展覧会一覧

「ゴッホ展 空白のパリ時代を追う」感想

前田邦彦のエッセイ&イラスト。ようやく宮城県美術館にて、念願の「ゴッホ展」観てきたわけだけど、予想に反してこれは難易度高いと思う。 フィンセント・ファン・ゴッホといえば、まず思い浮かぶのは「ひまわり」「星月夜」「アルルの跳ね橋」などの、うねるような描線と独特な色使いの作品だと思う。