アバウト

リンク

最近の記事

過去30日の拍手ランキング(2014.02.28)

ブログ内検索

カテゴリー

バックナンバー

モバイル

qrcode

twitter

ダイオウグソクムシの顔

web拍手 by FC2

久しぶりにダイオウグソクムシを描く…
ダイオウグソクムシ ターンエー 1
ダイオウグソクムシ ターンエー 2
※ターンエーガンダムより似てるモビルスーツあるだろというツッコミもあると思いますが…


● 関連記事:ダイオウグソクムシ絶食中
● 関連記事:ダイオウグソクムシ
  • ● 関連記事:前田邦彦のブログな惑星:過去30日の拍手ランキング

  • ●ブログの漫画をまとめて読みたい方は→前田邦彦:maedakunihiko.net





  •  


    ダイオウグソクムシ絶食中

    web拍手 by FC2

    日本の水族館のダイオウグソクムシが絶食中らしい…
    ダイオウグソクムシ絶食中 1
    ダイオウグソクムシ絶食中 2
    ※生物は意外に食べ物の好き嫌いあるよね。
    ※腐肉食動物(スカベンジャー):動物の死体を主食とする動物のこと。

    ● 関連記事:ダイオウグソクムシの顔
    ● 関連記事:ダイオウグソクムシ
  • ● 関連記事:前田邦彦のブログな惑星:過去30日の拍手ランキング

  • ●ブログの漫画をまとめて読みたい方は→前田邦彦:maedakunihiko.net





  •  


    世界最小のカメレオン

    web拍手 by FC2

    先日ニュースになりました。
    世界最小のカメレオン
    ※眼光鋭い世界最小のカメレオン
  • ● 関連記事:前田邦彦のブログな惑星:過去30日の拍手ランキング

  • ●ブログの漫画をまとめて読みたい方は→前田邦彦:maedakunihiko.net





  •  


    ダイオウグソクムシ

    web拍手 by FC2

    「ダイオウグソクムシ」という生物を知っているだろうか。
    ダイオウグソクムシ
    ※実際は食べられたものじゃないらしい。
    日本で見られる「オオグソクムシ」や「タイノエ」なども「ダイオウグソクムシ」の仲間である。
    「タイノエ」は美味しいという話もあるが、「ダイオウグソクムシ」はそうでもないらしい。

    マンガで気持ち悪いと思った方は、画像検索しないように!

    僕はこの目つきの悪さとかフォルムが、古生物の「ウミサソリ」を髣髴(ほうふつ)させていいなぁと思いますけどね(笑)


    ● 関連記事:ダイオウグソクムシの顔
    ● 関連記事:ダイオウグソクムシ絶食中
  • ● 関連記事:前田邦彦のブログな惑星:過去30日の拍手ランキング

  • ●ブログの漫画をまとめて読みたい方は→前田邦彦:maedakunihiko.net





  •  


    カエラー2010

    web拍手 by FC2

    カエルカフェ
    ※アマガエルを触ったあとは手を洗いましょう。


    そんな僕は来年2010年も迷うことなくカエルのカレンダー。

    FROGS! 2010 CALENDAR (カレンダー)
    FROGS! 2010 CALENDAR (カレンダー)

    注意:キャラクター化されたカエルを可愛いという人は多いのですが、
    このカレンダーは、世界のいろいろなカエルのそのままの写真が使われています。

    自然のカエルをふと見つけて癒された気分になるアナタにオススメです。
  • ● 関連記事:前田邦彦のブログな惑星:過去30日の拍手ランキング

  • ●ブログの漫画をまとめて読みたい方は→前田邦彦:maedakunihiko.net





  •  


    カブトムシ採卵

    web拍手 by FC2

    今年は暑かった。しかし仙台は暑さのピークは過ぎた感じです。

    カブトムシの(成虫の)季節もそろそろ終わりです。

    日本のカブトムシの寿命は1年。

    (クワガタですと種類によっては成虫になってから数年生きるものもいます。)

    ちょうど今頃、卵から幼虫が生まれ、来年の夏に成虫になるというサイクルなわけです。

    今年はきちんと採卵してみました。

    といっても大げさな事ではなく、雌が卵を産むケースを別にしたのです。

    ケースに多めに腐葉土を入れておけば、あとは雌が勝手にもぐって行って産卵します。

    それを2回ほど掘り返して、卵を別のケースに移しました。

    これがその時の卵。

    カブトムシの卵

    米粒くらいの大きさです。

    数はというと、

    怖いくらい生みました。(>_<)

    ちなみに3回目の採卵は、すでに幼虫が生まれていたので中止。

    生まれたばかりの初齢幼虫(※1)は卵と同じくらいの小ささですので、非常にデリケート。

    少し大きくなるのを待ちます。

    どうなの?カブトムシ飼育2年目でまるでカブトムシ職人のようでしょ。

    まぁ冗談はさておき、カブトムシの世話も気分転換にはイイかも知れません。

    基本PCに張り付きっぱなしですからね。

    PCナシでは生きていけません。

    学生の頃はPCの授業が大キライでしたが…。

    人生何が役に立つか分かりませんな。

    ----------------------------------------
    (※1)初齢幼虫:卵から生まれたばかりのカブトムシの幼虫。脱皮を経て初齢幼虫→2齢幼虫→3齢幼虫→蛹(さなぎ)→成虫となる。
  • ● 関連記事:前田邦彦のブログな惑星:過去30日の拍手ランキング

  • ●ブログの漫画をまとめて読みたい方は→前田邦彦:maedakunihiko.net





  •  


    カブトムシと月

    web拍手 by FC2

    昨日(07月13日)の朝、
    野生カブトムシのケースを見てみたら、
    いるわいるわ。

    7匹も地上に出てきている。

    全部オス。

    ココでちょっと去年から気になっていたコトがありPCを起動。

    やっぱり。

    今年2007年の07月14日は新月なんですね。

    ちょっと確証はないし、あくまで僕の推論ですが、カブトムシが地上に出てくるタイミングは月も関係しているのではないでしょうか?

    そう思って調べてみると、
    以前にミニカブトが羽化したタイミングは先月の満月の時でした。

    多少のバラつきはありますが、けっこうカブトムシは一斉に地上に出てくるのですよ。

    何で殆ど同じタイミングなんだ?
    と不思議だったのです。

    例えば、満月の夜にアカテガニやサンゴが一斉に産卵するのは良く知られています。

    海の生物であれば、月の重力が潮の干満に影響を与えているし、何より光量がぜんぜん違いますし、そうであろうとは思います。

    (とはいえ自然は不思議だなぁと思いますケドね)

    しかし土の中のカブトムシですと外の光は分からないワケですから、月による重力の変化を感じているのかも知れません。

    そんなバカなって?

    人間も交通事故が多いのは満月や新月の時と言われているんですよ。

    我々人間でさえも自然の中のシステムの一つに過ぎないって事です。


  • ● 関連記事:前田邦彦のブログな惑星:過去30日の拍手ランキング

  • ●ブログの漫画をまとめて読みたい方は→前田邦彦:maedakunihiko.net





  •  


    カブトムシ栽培?

    web拍手 by FC2

    何気なく始めたブログ内での「カブトムシ日記」ですが、
    いまや立派なキラーコンテンツ(※1)に成長しつつあります。

    さて、殆ど羽化(※2)し終わった去年のカブトムシの二世であるミニカブトにくらべ、
    今年の春に手に入れた野性のカブトムシの幼虫はその後どうなったのか?

    ん〜。

    ちょっと蛹室(※3)の天井が開いてるモノがあります。

    カブトムシと目があった。

    「まだ外に出ませんケド何か?」

    たぶんそんな感じ。

    カブトムシは蛹(さなぎ)から脱皮してスグに地上に出てくるわけではありません。

    脱皮したばかりのカブトムシの羽は白っぽい色で、コレが黒い色に変化し、
    しばらくしてから出てきます。

    昆虫が蛹から成虫に羽化する瞬間というのは命がけです。

    セミやトンボなどは、蛹から出てきてから羽を伸ばしますからね。

    羽が伸びる間に触られでもしたら、羽がクシャクシャになってアウトです。

    それに、その間は動けないから捕食される危険にさらされます。

    だから危険の少ない、夜明け前くらいの時間に羽を伸ばしてるんでしょうね。

    しかし、コレは、もう出てきてもイイんじゃないだろうか?

    カブトムシ栽培?

    何か土から角だけが出てると、植物育ててるみたいな気分になるな…。

    触ってみた。


    すげえイヤそうにつつき返されました。


    「あと5分だけ寝かせてくれ」みたいな感じでしょうか。

    まぁ好きなだけ寝ててちょうだい。

    気が向いたら出てくるとイイよ。

    ----------------------------------------

    (※1)キラーコンテンツ:ココでは人気の高いコンテンツ(記事)の事。

    (※2)羽化(うか):昆虫が蛹(さなぎ)から成虫へと変態を行う際に脱皮する事。

    (※3)蛹室(ようしつ):カブトムシは蛹(さなぎ)になる前に、土の中に脱皮用のスペースとなる卵型の部屋を作ってから蛹になります。この部屋を蛹室と言います。

  • ● 関連記事:前田邦彦のブログな惑星:過去30日の拍手ランキング

  • ●ブログの漫画をまとめて読みたい方は→前田邦彦:maedakunihiko.net





  •  


    ミニカブト

    web拍手 by FC2

    屋外でカブトムシのケースの中の土を出してみたいのですが、
    雨の日が続いているので出来ません。

    おかげでカブトムシの成虫が何匹いるのか把握していません。

    けっこう羽化(※1)しているはずですけれど。

    しかも、ウチのミニカブトは、とにかく土にもぐるのです。

    だから、なおさら何匹いるのか分からない。

    ちなみに、カブトムシはメスの方がオスより土にもぐるのが速いです。

    頭から土にもぐるので角がないほうが抵抗が少ないので速いのですね。

    ウチのミニカブトを見ていて思ったのですが、
    小さなオスは角も小さいので、大きいオスよりも土にもぐるのが速いなという事。

    大きいカブトの方が、遺伝的に小さいカブトより有利だと思っていましたが、

    コレは意外に小さいカブトムシも天敵(※2)から逃げるのに有利なのかも?


    意外な事に、カブトムシにも天敵がいます。

    以前テレビで見ましたが、フクロウなどの他に、ニホンザルもカブトムシを食べるそうです。

    猿もカブトムシを食べるのか!

    かなりビックリしました。

    まぁ、猿もひとしきりカブトムシを食べたあとは、
    「うん すごく 好きなんだ……ココナッツ」
    とか言うんだろうなぁ(オイオイ)

    しかし、あとから入手した幼虫はいまだ一匹も羽化していません。

    まぁ蛹化(※3)も遅かったからなぁ。

    でもちょっと遅すぎないか?

    いま仙台ちょっと肌寒いからかな…。

    ----------------------------------------

    (※1)羽化(うか):昆虫が蛹(さなぎ)から成虫へと変態を行う際に脱皮する事。

    (※2)天敵(てんてき):食物連鎖によって、捕食される側から見た捕食する側の生物。

    (※3)蛹化(ようか):昆虫が幼虫から蛹へと変態を行う際に脱皮する事。蛹を経て幼虫から成虫になるものを完全変態、蛹にならずに幼虫から成虫になるものを不完全変態という。

  • ● 関連記事:前田邦彦のブログな惑星:過去30日の拍手ランキング

  • ●ブログの漫画をまとめて読みたい方は→前田邦彦:maedakunihiko.net





  •  


    カブトムシ羽化

    web拍手 by FC2

    ケースを開けたら、カブトムシが羽化(※1)していた。

    まず4匹。みんなオス。

    しかし…小っちゃ!

    うーん。ちょっと今回は幼虫の時にエサをあんまり食べられなかったなぁ。

    しかも暖かくて、蛹化(※2)が早かったからなおさらです。

    もうちょっとモリモリ食べてから蛹(さなぎ)になって欲しかった。


    というのもカブトムシは成虫になってからは成長しませんからね。

    幼虫の時にいかに大きくなるかで、成虫の大きさが決まります。


    まぁでもさ、何か小さいカブトってのも可愛いモンだね。

    トイプードル的な。

    あんま犬の事知らんケド。

    これからどんどん羽化するわけだな。

    んー、ケースもう1個増やすかな。

    その方が採卵しやすいしな。


    ってカブトの世話に真剣に悩む34歳。

    世間的にいかがなものか。


    最近の別の悩みとしては、
    眠ろうとするとアイデアが浮かびます。

    コレが、ちょっとメモしたりできる程度のモノならイイんだけど、
    そうでもない時は、困りますな。

    そういう時にかぎってクッキリハッキリとアイデアの全体像が見えたりするわけで、
    ちゃんとスケッチとかしてから眠りますよ。

    もっと昼間に来てくれないものか。

    ----------------------------------------

    (※1)羽化(うか):昆虫が蛹から成虫へと変態を行う際に脱皮する事。

    (※2)蛹化(ようか):昆虫が幼虫から蛹(さなぎ)へと変態を行う際に脱皮する事。蛹を経て幼虫から成虫になるものを完全変態、蛹にならずに幼虫から成虫になるものを不完全変態という。

  • ● 関連記事:前田邦彦のブログな惑星:過去30日の拍手ランキング

  • ●ブログの漫画をまとめて読みたい方は→前田邦彦:maedakunihiko.net





  •